Japanese Short Stories – サルカニ合戦 – 2

Hello!

Here is the continuation of our story!

Saru Kani Gassen

Original script: http://www.e-hon.jp/bsaruka/sarj2.htm, http://www.e-hon.jp/bsaruka/sarj3.htm

Please note that I will not recall elements that were previously introduced in the previous artile, so I advise you to have a quick look at it to freshen up your mind: サルカニ合戦 – 1

カニさん は、かき の たね を うえる と 水 を かけながら うたいました。

1 うえる ueru Verb: うえる – to plant, to grow
2 to Particle. Indicates the objective of an action
3 水(みず) mizu water
4 かけながら kakenagara Verb: かける – to pour
かけながら along with pouring
5 うたいました utaimashita Verb: うたう – to sing
うたいました Past tense. “Was singing.”

「はやく め を 出せ かき の たね。

 6 はやく hayaku Adverb. Quickly.
 7 me sprout
 8 出(だ)せ dase Verb: だす – to put out
だせ Imperative. “Put out”

出さぬ と はさみ で ちょんぎる ぞ」

9 出(だ)さぬ dasanu Verb: だす – to put out
ださぬ Colloquial negative form. “Don’t put out”
10 to Particle: {If}. Following a verb, iIndicates that what precedes is a condition to something.
11 はさみ  hasami  scissors, clips. Here pincers.
12 de Enclitic particle: {With}. Indicates that what precedes is the mean of an action.
13 ちょんぎる chongiru Verb ちょんぎる – to chop something
14 zo Enclitic particle: {Assertion}. Indicates that what precedes is an affirmation, but brings a softer feeling to it.

すると、みるみる め が 出ました。

15 する と suru to Thereupon
16 みるみる miru miru Expression: in a twinkle, before one’s eyes
17 出(で)ました demashita Verb: でる – to go out
でました Past tense. “Got out”

カニさん は、また うたいました。

18 また mata again, still

「はやく み よ なれ かき の 木 よ。

19 mi fruit
20 yo Enclitic particle: {Vocative} In a song or poetry, indicates that the speaker addresses to what precedes, here a fruit. Like “Oh, dear seed…”.
21 なれ nare Verb なる – to become
なれ – Imperative form.
22 木(き) ki tree

ならぬ と はさみ で ちょんぎる ぞ」

23 ならぬ naranu Verb なる – to become
ならぬ – not becoming

する と、あっと いう まに たくさん の み が なりました。

24 あっ と いう ま に a- to iu ma ni Expression: in no time (littelery: before you could say Ah)
25 たくさん takusan Adjective. A lot, many.
26 no Particle: {Recall}. Replaces a previsously identified noun, here the fruits.
 27 なりました narimashita Verb: なる – to become
なりました – to have become (appeared)

「やあ、おいしそう な かき が たくさん なった ぞ。

28 やあ yaa Wow! Expresses contentment.
29 おいしそう な oishisouna おいしそう refer to part 1 point 18
おいしそう Adjective. Which looks tasty. な is used to make the adjective prenominal.
かき は おいしそう です。
おいしそう な かき です。
30 なった natta Verb: なる
なった informal form of なりました

どれ ごちそう に なろう か。

31 どれ dore to what extent
32 なろう narou Verb: なる – to become
なろう casual volitional form. “want to become”.
33 ka Particle. Indicates that the sentence is a question.

でも、ぼく は 木 に のぼれない し な。

34 でも demo but
35 のぼれない noborenai Verb:  のぼる – to climb, to scend
のぼれない: cannot climb
36 shi
37 na How?

どう  しよう。

38 どうしよう dou shiyou Expression: How can I do it?

そう だ 木 のぼり の うまい サルさん に たのもう」

39 そう だ sou da That’s it!
40 木(き) のぼり ki nobori tree climbing
41 no Particle. Linking two propositions.
42 うまい umai skillful
43 たのもう tanomou Verb: たのむ – to ask, to request
たのもう – volitional form “Let’s ask…”

Here we are! Now let’s put it together:

カニさんは、かきのたねをうえると水をかけながらうたいました。
「はやくめを出せかきのたね。
出さぬとはさみでちょんぎるぞ」
すると、みるみるめが出ました。
カニさんは、またうたいました。
「はやくみよなれかきの木よ。
ならぬとはさみでちょんぎるぞ」
すると、あっというまにたくさんのみがなりました。
「やあ、おいしそうなかきがたくさんなったぞ。
どれごちそうになろうか。
でも、ぼくは木にのぼれないしな。どうしよう。
そうだ木のぼりのうまいサルさんにたのもう」
カニさんは、サルさんのところにいきました。
「サルさんサルさん、おいしそうなかきがたくさんなっている木をみつけたよ。
でも、ぼくは木にのぼれないから、サルさんとっておくれよ」
「いいよ、カニさん、たくさんとってあげるよ」

Mr Crab, in order to grow the kaki seed, was pourring water while singing:
“Quickly, kaki seed, put a sprout out.
If you don’t, I will chop you with my pincers!”
With that said, in a twinkle, a sprout came out.
Mr Crab continued singing:
“Quickly, give me some fruits, ô kaki tree.
If you don’t, I will chop you with my pincers!”
With that said, nosooner said than done, many fruits did come out.
“Hurray! Many tasty looking kaki fruits have come out. Let’s see how tasty they are. But I can’t climb to trees… How can I do?
That’s it! Let’s ask to Mr Monkey who is skilled at climbing trees.”

Hope you did well. Getting into the Japanese state of mind takes time, so do not hesitate to read the two first articles again and again.

And do not hesitate to share this article if you found it useful.

Stéphane

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *