Japanese Short Stories – サルカニ合戦 – 3

Hello Everyone,

Here is the third part of the adventure of Mr Crab and Mr Monkey!

Saru Kani Gassen

Original scripts:
http://www.e-hon.jp/bsaruka/sarj4.htm
http://www.e-hon.jp/bsaruka/sarj5.htm

Let’s go!

カニさん は、サルさん の ところ に いきました。

1 wa Enclitic partcle: {theme}
2 ところ tokoro place, here where one lives.
3 ni Enclictic particle: {destination}. Indicates that what precedes is the destination of a movement.
4 いきました ikimashita Verb: いく – to go
いきました: past tense, went.

「サルさん サルさん、おいしそう な かき が たくさん なって いる 木 を みつけた よ。

5 .なって いる …natte iru Verb: なる – to become
なって いる – indicates an ongoing action. “became and is still in that state”
6 [おいしそう な…なって いる] 木(き) [oishisou … natte iru] ki […] attributive adjective for the tree. “A tree that…”
7 みつけた mitsuketa Verb: みつける – to find, to discover

でも、ぼく は 木 に のぼれない から、サルさん とって おくれ よ」

8 から kara Enclitic particle: {because}. Indicates that what precedes is the reason for something.
9 とって おくれ totte okure Verb: とる – to take
Verb: おくる – to give, to offer (to me)
おくれ indicates an imperative
とって おくれ the って form is used to indicate a succession of verbs, and the forma and tense of the verbs is given by the latest one. So here both verbs are imperative and the meaning is “take and give me”

「いいよ、カニさん、たくさん とって あげる よ」

10 いいよ ii yo Expression: Very well.
11 とって あげる totte ageru Verb: とる – to take
Verb: あげる – to offer, to give (to somenone else)
とってあげる: Refer to point 9. “I will take and give you”

サルさん は、カニさん に あんない されて、かき の 木 の ところ へ いきました。

12 ni Enclitic particle: {by}
13 あんない annai guidance, leading
14 されて sarete Verb: する, to do
される: Passive form of する, to be done
あんない する: to guide someone
あんない される: to be guided by someone
されて: for て form refer to point 8
15 e (and not he) Enclitic particle: {destination}. Same as に (refer to point 2).

「ほんとう だ。おいしそう な かき が たくさん なってる ね。

 16 ほんとう hontou True
 17 da Informal form of です: being, existing.
 18 おいしそう な oishisou na Refer to Part 2 point 29
 19 なってる Verb: なる, to become
なってる: progressive form, to be becoming.
 20 ne Particle: {agreement}. Here indicates that the speaker agrees with what its interlocutor said.

ちょっと まって おくれ。

 21 ちょっと chotto a bit.
 22 まって matte Verb: まつ, to wait
まって: て form used here in a verb sequence
 23 おくれ okure Refer to point 9.

いま、のぼって とって あげる から」

24 いま ima Now
25 のぼって とって あげる nobotte totte ageru Verb: のぼる, to climb
Verb: とる, to get, to fetch
Verb: あげる, to do for someone
て forms used here in a verb sequence.
のぼって とって あげる: Climb and get (some kaki) for you.
26 から kara Enclitic particle: {because}.

サルさん は、スルスル と かき の 木 に のぼって いきました。

 27 スルスル SURUSURU Onomatopoeic word: Smooth, swift.
Onopmatopeic words are very current in Japanese. They are sound representations of some words. Here for instance the soft noise done by someone agile while climbing up a tree. Katakana is used to emphasize the word.
28 to Enclitic particle: {manner}. Indicates the manner something is done, here for instance: “in a swift manner”.

そして、おいしそう な かき の み を とる と、むしゃむしゃ むしゃむしゃ たべました。

 29 そして soshite Then.
 30 to Particle: {and}. Indicates a conjunction of two prepositions.
 31 むしゃむしゃ musha musha Onomatopeic word: munch, crunch.
Represents the noise done while biting and masticating food.
 32 たべました tabemashita Verb: たべる, to eat
たべました: Past tense, ate.

「うーん。これ は おいしい かき だ

33 うーん u-n Yeah!
34 これ kore This. Used to designate a thing close from the speaker.

あまい あまい、いくらでも たべられる ぞ」

35 あまい amai sweet, sugary, repeated twice to mean really sweet.
 36 いくらでも ikurademo any amount, as much/many as one likes
 37 たべられる taberareru Verb: たべる, to eat
たべられる: Passive form, to be eaten

サルさん は、そう いいながら いくつも いくつも じゅく した かき を とって は たべ とって は たべました。

 38 そう sou that kind of thing
 39 いいながら iinagara while saying
 40 いくつも ikutsumo countless
 41 じゅく した juku shita じゅく: ripe
Verb: する, to do
した: Past tense, to have done
じゅく した: to have “riped”
 42 とって は たべ とって は たべました  tabetotte Verb: たべる, to eat
Verb: とる, to take
とって は たべ とって は たべました: was taking and eating and taking and eating; in short: to stuff one’s face.

Here we are for this time. Let’s no have a look at the full passages:

カニさんは、サルさんのところにいきました。
「サルさんサルさん、おいしそうなかきがたくさんなっている木をみつけたよ。
でも、ぼくは木にのぼれないから、サルさんとっておくれよ」
「いいよ、カニさん、たくさんとってあげるよ」
サルさんは、カニさんにあんないされて、かきの木のところへいきました。
「ほんとうだ。おいしそうなかきがたくさんなってるね。
ちょっとまっておくれ。
いま、のぼってとってあげるから」
サルさんは、スルスルとかきの木にのぼっていきました。
そして、おいしそうなかきのみをとると、むしゃむしゃむしゃむしゃたべました。
「うーん。これはおいしいかきだ あまいあまい、いくらでもたべられるぞ」
サルさんは、そういいながらいくつもいくつもじゅくしたかきをとってはたべとってはたべました。

Mr Crab went to Mr Monkey’s place.
“Mr Monkey, Mr Monkey! I found a tree that put out many tasty looking fruits! But, since I can’t climb to trees, can you pick them and give them to me, Mr Monkey!?”
“All right, Mr Crab, I will get many and give them to you!”
Mr Monkey, under the guidance of Mr Crab, went to the place where the kaki tree was.
“You were true. There seems to have grown many tasty kaki fruits. Wait a moment, I will climb and get some for you.”
Mr Monkey climbed swiftly into the kaki tree. Then, he took a tasty looking kaki fruit, and crunched on it.
“Yeah! It’s a really good kaki, so sweet, one would it those without stopping.”
And while he was saying this, Mr Monkey was taking and eating and taking and eating many many ripe kaki fruits.

As previously do not hesitate to share your comments/remarks with me, and share the article around you if it pleases you.

Stéphane

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *